新組織診断(海外展開/インバウンド)

【グローバル組織診断】
グローバル組織を事前把握し最適化

「どのような組織にすれば、グローバル市場において着実な成功を収めることができるのか」これは、貴社がグローバル競争で生き残っていくうえでの重要経営課題の一つであるはずです。一方、これまで国内市場だけをターゲットにしていた組織が従来のやり方の延長で、海外展開やインバウンド展開を開始しても、調査開始から現時点までの 『断片的で短期間の数値結果』しか把握できず、本来あるべき将来価値を見据えた長期計画には結びついていないケースをよく見かけます。また「本社に適切な実態把握機能がないため、海外に詳しい一部の社員による属人的な展開から脱せられない」「国内のマネジメントと同様のやり方で、四半期毎の売上数値や成果把握に留まり、グローバル市場での真の将来価値を把握できていない」などもよく見られるケースです。
当サービスは、弊社がこれまで長年培った経験と積み上げたデータ、独自メソッドを用いたサービスです。貴社のグローバル展開を成功へと導く”始めの一歩”です。ジャパンクオリティでしか提供していないこのサービスを是非有効活用して下さい。

見積依頼ボタン2

❖サービス概要

まずは、貴社特性を客観的に診断することから始まります。グローバル市場での課題を洗い出し、長期的な成長に向けてどのような計画で、組織体制で、プロセスで展開すれば良いのかを包括的に診断するなど、貴社グローバルビジネスを成功へと導きます。また、貴社が考えているグローバルな組織、人材、マネジメントなどに関わる強みと弱み、課題などを把握し、それらがグローバル事業に与える影響やリスクを診断します。グローバル戦略に強い弊社独自の方法で貴社を成功へと導く弊社オリジナルのサービスです。

quick-diagnosis01

❖グローバル市場での将来価値

企業価値とは、現在における企業の資産価値と将来価値の事です。
「企業価値(株価)」=「資産価値」+「将来価値」
企業は自社の資産として、現金や不動産、商品在庫などの「資産」を持っています。その一方で、銀行の借入金や支払手形など、「負債」も持っています。つまり、企業の資産価値とは、企業が保有する「資産」から「負債」を差し引いたものです。また、企業は、将来にわたり事業を行い利益を生み出します。企業の将来価値とは、「企業が将来に渡って生み出す利益の額」です。

quick-diagnosis-03

❖こんな課題を解決します

● 海外拠点固有の人材リスク・課題を共通軸で把握したい
● 海外拠点へ赴任している人材へ国際標準の定期教育をしたい。
● 国や地域によって、部門、機能・役割が異なり、本社戦略とのズレが生じている。
● 現状の課題設定と戦略方針、成果に繋がらないことも少なくありません

❖期待できる成果

● 貴社内に内在する無形価値を包括的にカバーする「知的資本」を網羅的に診断できます
● 貴社診断実績ベンチマーク比較で、相対的なポジションを把握することができます
● 駐在員と現地社員など、回答者間の認識ギャップが明らかになります

❖提供価値

● 企業に内在する課題を網羅的に把握できる「知的資本」フレームの設問構成・項目を提供します
● 海外地域拠点の成長課題に対する役位・職種・雇用区分別の評価・認識ギャップによる問題の本質を分析します
● 600社の診断実績に基づく、ベンチマークデータ提供と成長課題ポイントの提示します

見積依頼ボタン2